大きな決断となったと思われているかも知れないが

今年の夏の甲子園で準優勝で盛り上げた秋田の金足農業の吉田投手の進路について気になっていた所もあると言うが昨日の夜遅くに大きな動きがあったというがどうやらプロ入りへ進む事が明らかになったが当初は大学野球でもう少し伸ばしたいと思ったかも知れないと思われいたが甲子園で一躍注目がされてた事でプロ入りに傾いたかも知れないと言う事になる。

進学予定だった大学にもその日の内に断りを入れたと言うが大学側にも心配はしていたかも知れないと感じるがここは彼自身が選んだ選択だと思う所もあると感じた。

吉田投手は夏の甲子園が終わってからアジアU-18選手権の日本代表や国体などあった事で進路は先延ばしにしていたと言うが国体が終わったが中間テストなとあった事で多忙を極めていたというがようやく話し合いをする事が出来たと思っているかも知れないが両親がいるこの時間帯を狙って話し合いをしてプロ入りを決断をしたと思われているが会見は近いうちに行うが先にやることがあるのがプロ入り届けとなる。

これはドラフト会議に指名をしてもいいと言う事でこうした届を提出すると言うが今年は春夏制覇した大阪桐蔭の4選手がプロ入り届を出している事で同じようにして注目される選手となるが吉田投手かプロ入り表明した事で上位指名は間違いないのは確実で指名したい球団が出る事は事実と言う事になるので大阪桐蔭の選手と同じようになるのでここにも注目が集まるかも知れないと感じられる。

今年のドラフト会議も今年は打者と投手がいい選手もいる事で大きな目玉もあるので今後はこの選手を指名するのかどうなのか話し合いがもたれる事にはなるがほとんどの球団は社会人を狙う所もあると思われているのでここに高校生の指名をするのか気になる所もあると感じられていますが運命のドラフト当日まで続くので今後はだれを指名するのか楽しみだと思っているのです。